FC2ブログ
スポンサードリンク


これが寝具の役目です .comサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これが寝具の役目です .comサイトトップ >寝具環境について >>夏寝具 快眠のための機能

夏寝具 快眠のための機能

寝苦しい熱帯夜が続くと 睡眠不足になりがち。
夏バテ知らずの元気な体で過ごすためにも 夏こそ快眠です。
充分な睡眠が必要です。

この寝苦しさの原因は 室温の高さもさることながら
湿度からくる蒸し暑さを不快に感じているからです。

とくに就寝後1時間以内は発汗量が最も多く寝床内の湿度も急上昇します。
このとき布団のなかは湿度が高くなって、
不快さを感じ寝苦しくなっているのです。

そこで、布団や部屋の湿度を取り除き 涼しく眠れる環境を
整えることが必要となってきます。

スポンサードリンク


夏の寝苦しさは背中のムレにあります。

夏に使用している寝具を見直してみましょう。
敷布団やシーツなど 素材によっては汗が充分
吸収されず 寝苦しさを増す事もあります。 

爽やかに眠るためにはやはり天然素材100%
のものがおすすめです。

例えば麻はハリがあって肌にベタつくことがありません。
通気性に優れ、火照った体の熱をとってくれる夏向きの素材です。

同じくハリがある素材で、吸湿性が高い「いぐさ」があります。
敷き布団の上に載せて使うねござなどは涼しくて気持ちのよいものです。

木綿であれば、縦方向に特有の凹凸のある「楊柳(ようりゅう)」や
縦じまの平織りでしま部分を縮ませてしわを出した「サッカー地」で作られた
シーツやカバー、肌布団などの夏寝具がいいですね。

汗の吸収性がよく、表面が平らでないため肌に密着しないので、
肌触りもいいです。

夏の定番はタオルケットですが、最近はガーゼ地で作られたものに人気が
あります。ガーゼは通気性がよく柔らかです。

ただ好みによっては、体にまつわりつくのが嫌いな方には、僅かに綿を
入れてキルティングしたケットのほうが良いかもしれません。

また、抱き枕は、抱くことで敷布団と体の間に透き間ができるので、
布団と体が密着する不快感が少なくなります。

股に挟んだり、両手で抱いているので、脇やひざに隙間ができるので
涼しく感じられます。 抱き枕にはリラックス効果もあるのです。

身体の力がスーッと抜けて心身ともにリラックスすることができ、
身体が緩めばその先には'眠り'の世界です。

「気持ちいいなぁ」と感じられる、ねむりの空間作りを自分でも工夫してみては
いかがでしょうか...。




スポンサードリンク


theme : 暮らしを楽しむ♪♪
genre : 日記

プロフィール

アップル54

Author:アップル54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
プリズン・ブレイク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。