FC2ブログ
スポンサードリンク


これが寝具の役目です .comサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これが寝具の役目です .comサイトトップ >寝具環境について >>快眠のための冬寝具

快眠のための冬寝具

朝から薄暗く日照時間の短い冬は、朝日を浴びる時間が少ないため、
メラトニンの生成も少なめです。だから夜の快眠が得にくくなります。 

朝の光は、体内時計の調節に重要です。1日は24時間ですが、
私たちの体内時計はなぜか25時間。この1時間の「時差」は、朝の光によって
リセットされています。
ところが、夜明けが遅い冬はなかなかリセットされないので、
寝ても寝ても寝たりない気分になりがちなのも冬の睡眠です。

このように冬も快眠を阻害する要因の多い季節です。

そんな冬場でも快眠するコツはないのでしょうか。

手足が冷たい、寝具や寝室がひんやりしていて寝つけない、
これらは冬特有の寒さと乾燥が心地良い眠りを妨げています。

体も布団もなかなか温まらなくて、寒い夜を過ごしたことはありませんか?
日本には四季があります。冬には冬用の寝具が必要です。

スポンサードリンク


身体を冷やさないように暖かくつつむ布団が必要です。
汗の蒸気もさーっと通して、さわやかな寝心地の布団がいいです。

冬の掛布団にはやはり羽毛布団が一番温かで最適です。
かさ高性のある羽毛布団の場合は、体と布団の間にすき間ができます。
毛布やケットを布団の上にかけ、羽毛布団を押さえるようにするとよいです。

敷布団に関しては下から冷気が身体に伝わってこないようなある程度
厚みのあるものが好ましいですね。

寒い時 掛け布団を重ねるより敷き布団を重ねる方が はるかに
保温性が高まります。

ムアツ布団、整圧敷布団のように凸凹の間に空気の層ができるものも
とても温かいですよ。

肌に触れる部分には、ムートンやウールの敷パッドや、シルクやキャメルの毛布、
ネルの布団カバーなど、起毛した素材を使うと、ヒンヤリ感がやわらぎます。
また保温力のあるダウンパッドを使用することにより自然の温かさが得られます。
自分の体温で眠る心地よさは格別です

冷え性なら、血液をめぐらせるている内臓がある、おなか、もしくは
仙骨の辺りをあたためるのがポイント。手足がホーッと温まり、
不眠にも関わる自律神経の乱れも安定します。

寝る前に寝室を十分に暖めておきます。乾燥しがちな冬は、加湿器を置くなどの
工夫をして下さい。風邪の予防にもなります。
また断熱性の弱い部屋の場合は、オイルヒーターなどを利用して、
一晩中やさしく暖めましょう。

電気毛布の使用はオススメできません。

電気毛布を使用することにより加熱され、体内の温度が低下しにくくなり、
エネルギーが余分に消耗し身体が充分に休息できなくなります。

心拍数が下がらないので心臓への負担も大きくなり、疲れが取れにくくなります。

電気毛布のように人工的に加熱されたところで眠るということは、
体温の調節機能が正常に働かず、快眠に影響を与えるばかりか、
ホルモン分泌にも影響し、それらが積み重なって、
健康障害をも引き起こしてしまうのです。


スポンサードリンク


theme : 物欲
genre : 日記

プロフィール

アップル54

Author:アップル54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
プリズン・ブレイク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。