スポンサードリンク


これが寝具の役目です .comサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これが寝具の役目です .comサイトトップ >寝具の種類 >>蚊帳を楽しむ

蚊帳を楽しむ

昔、私たちがまだ子供の頃、蚊帳はどの家庭にもありました。
祖母か母と一緒に蚊帳に入り、片手に持ったうちわであおいでくれる
優しい風と昔話に、心から安心して寝入ったものです。

夏の夜、蚊から眠りを守る蚊帳は、先人たちの素晴らしい暮らしの
知恵が受け継がれてきたものです。

いまでは、「蚊帳」はほとんどの家庭から姿を消しつつありますが、
自然や体に優しい暮らしをしたいという方たちの間では
今も静かなブームが続いています。

生活環境が大きく様変わりした現在では、殺虫剤や下水道設備の普及により蚊も
少くなりました。
気密性の高いアルミサッシが普及し、窓にも網戸が入れらるようになりました。
蚊帳の取ってなどを引っ掛ける長押などの付いた日本間のような和の建築も
すくなくなりました。

さらに空調設備の普及により、窓を開けて自然の風を取り込むという文化も
風流を楽しむということも本当に少なくなりました。昭和の後期にもなりますと
蚊帳の需要はグンと減少してしまったのです。

しかしながら
夏はやっぱり蚊帳に限ると言う理由がたくさんあります。

まず、 「閉め切った部屋で冷房をきかせて寝るのは健康に良くない」
    「扇風機もクーラーも嫌い」
    「夜は風通しの良い本麻の蚊帳に入るのが一番いい」
    「幼い子供のためには殺虫剤を使いたくない」

という考えや、アトピー専門のお医者さんも殺虫剤をやめて蚊帳の使用を
すすめておられます。
地球環境に優しいエコロジー的な方法であることと
薬品アレルギー対策として見直され始めています。



スポンサードリンク


高級な蚊帳は麻の糸で作られています。
麻は吸湿性が良くて除湿力があるので蚊帳の中の湿度が下がり、
蚊帳の外よりも涼(すず)しく感じることができると言われています。

また、麻は電気を通しにくい繊維です。昔は絶縁体として
電線工事などでも使われていたそうです。

そう言えば、子供の頃夏の夜に雷がなると、おへそを隠して蚊帳の中に
逃げ込んだ記憶があります。

寝具の起源は冬の寒さを防ぐということより、夏の湿気をさける対策から
生まれました。

クーラーの風を麻の蚊帳を通して当ててください。天然素材の麻が
クーラーの風をまろやかな風にしてくれます。

眠りとは身体を冷やす作業なんです。
オーバーヒートした脳や内臓諸器官を冷やす行動なのです。

睡眠は身体を冷やしてエネルギーを蓄える作業ですが、
この体温を下げる方法を発汗作用にによって、
この発汗に伴う気化熱でもって低下させています。

夏は暑いから流す汗も自然と多くなります。汗の量が多くなると、
床が湿って蒸れてきます。これが寝返りを必要以上に多くして、
眠りの質を低化させるのです。
夏の眠りが冬の眠りと比べて浅い原因になる理由です。

日本の古き良き時代とは違って現代は、窓を開けっ放しで
寝ることはできなくなりましたが、
できれば自然の風を受けながら、麻100%の蚊帳の中で眠るのが理想です。

殺虫剤も、蚊取り線香もオフにして、環境に優しいエコライフを
体験してみてください。

日本国外では、蚊帳が普及しつつある地域もあります。マラリアの被害が
アフリカ諸国や東南アジアなどで、頻発しているようです。
そのため『蚊帳』は低コストな蚊対策として注目を浴びているようですよ。




スポンサードリンク


theme : 暮らしを楽しむ♪♪
genre : 日記

プロフィール

アップル54

Author:アップル54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
プリズン・ブレイク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。