FC2ブログ
スポンサードリンク


これが寝具の役目です .comサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これが寝具の役目です .comサイトトップ >寝具環境について >>夏の赤ちゃん寝具ムートン

夏の赤ちゃん寝具ムートン

赤ちゃんのための、夏の暑さ対策は大切です。エアコンなどを
利用しながら室温調節をし、赤ちゃんの汗をこまめにふいたり、
シャワーで身体を流してあげてください。

また、一日のほとんどをふとんの上で過ごす赤ちゃんにとって、
夏の寝環境は本当に気を配ってあげたいものです。

以前、雑誌で海外の子育てママは夏でもムートンを
ベビーカー等に使っているという記事を読んだ事があります。

ムートンを赤ちゃんの下に敷いてあげると、 背中の汗が蒸発して、
赤ちゃんの体温 調節を助けるばかりでなく、赤ちゃんにとっても快適だ
ということです。

汗っかきの赤ちゃんの体調維持のためには、透過性、吸湿性、放湿性、
保温性等が重要です。
この条件を何より満たしているのがムートンの素材なのです。




スポンサードリンク


ムートンの毛の成分は、19種類のアミノ酸によるケラチンという
たんぱく質で 作ら れています。

しかもこの羊毛1本1本がコイル状 の形をしています。
これが1平方センチメートルあたり約3000~5000本
密生しています。

この羊毛1本1本が無数の点となり体を支えることになります。
通常の面で支える寝具等と比べると、体表の毛細血管の血流を維持する
という働きができます。

この特性が、睡眠時の寝返りをする回数を減少させ、快眠につながります。
寝たきりのお年寄りの方や、生後間もない寝返りが出来ない赤ちゃん
にとって良い寝環境になります。

そして、何ともいえない優しい感触が、触れたときに冷たかったり、
湿ってたリという感じがありません。まるでお母さんの肌のように安心します。

赤ちゃんをそーっとふとんに寝かせる時、ふとんに下ろした瞬間に
あかちゃんが目をさますことが多いですね。
しかし,ムートンの上なら...、  きっと大丈夫ですよ。

私も、赤ちゃんにすすめる前にためしてみました。
室温27℃ 湿度70%の寝環境です。
身体を横たえて数分、ムートンの毛の肌触りがほんとに気持ちがいいです。

確かに麻等のようなひんやり感はないのですが、暑い時期なのに、
自然の温もりがなんとも言えず心地よいのです。
そのまま寝入ってしまいました~ z z zz。

ムートンは汗をとても逃がしやすく、しかも表面は濡れにくい性質を
持っています。
ムートンは一見暑苦しく感じますが、通気性があるので 暑くありません。

繊維は、湿気を吸収すると「吸着熱」と呼ばれる熱を発生します。
中でもウールは抜群の吸着熱を生み出す繊維です
吸湿性のよさとも関係し、湿気(気体)を取り込んで、
これがウールの中では水分(液体)に変わります。

その際に多量の熱を外界に発散し、暖かく感じるのです。逆に、
放湿するときは反対で熱を奪うので夏涼しく感じられるのです。

ムートンは冬のものというイメージは払拭して
是非あなたの赤ちゃんにもお試し下さい。


スポンサードリンク


theme : 暮らしを楽しむ♪♪
genre : 日記

プロフィール

アップル54

Author:アップル54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
プリズン・ブレイク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。