スポンサードリンク


これが寝具の役目です .comサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これが寝具の役目です .comサイトトップ >寝具環境について >>環境に優しい、綿打ち直しリサイクル

環境に優しい、綿打ち直しリサイクル

打ち直しは、嵩や弾力性がなくなった木綿わたを元の
ふわっとした綿の状態に戻す、綿のリサイクルです。

綿わたの打ち直しの時期は、日に当ててもあまりふくらまず、
ひんやりした感じになったときです。 一般的に季節は夏が
よいようですね。

綿布団は3~5年程度で弾力性が失われてきます。

ふとんの表地を取り除き、中綿を打綿機にかけて再生し復元します。
打綿後、新しい綿わたを足して、新しい布団側に打綿後の綿入れをすると
ペッタンコ布団(木綿わた・羊毛わた・綿混わた)でも
ふっくらとしたお布団になりますよ。

このときに中綿のホコリやダニの死がいも一緒に除去する事が出来ます。

新しい綿で作ったふとんの初めての打ち直しは、4~5年後、
打ち直し綿で作ったふとんは、普通2~3年ごとが目安です。



スポンサードリンク


東京都の、環境への取り組みの調べによりますと、粗大ゴミの1位が
布団であるということです。
地球環境のことを考えるなら、化学繊維の布団よりも、
天然繊維の布団を選ぶべきですね。天然繊維の中でも、
リサイクルができる木綿が、もっとも環境に優しい布団と言えます。

昔ながらの綿布団は現在、スーパーやデパートでは扱っていないようです。
綿布団は大抵が手作りです。そして再利用の対応がむつかしいということが
理由の一つかもしれません。
手間もかかるし大量販売ができない、効率がよくないからだと思われます。

しかし、綿の敷き布団は現在でも、最も多くの方に使われています。
その訳は、ほどよい弾力があり、汗をしっかりと吸収し、保温性にも優れている
健康に最適な天然素材だからです。

また、打ち直しの出来る綿にも種類があります。綿わた、混綿はOKですが
羊毛、真綿は打ち直しは出来ません。テトロン綿か混綿と一緒に混ぜれば
大丈夫です。それと繊維くずなどで作った綿も打ちなおしは出来ません。

打ち直した綿は、座布団にすることもできます。
専門の布団屋さんで相談されると良いですね。

布団の打ち直しは、町の布団屋さんが取り扱っていますよ。

気になる値段ですが、打ち直しをするのと1万円前後の費用がかかります。
新しく購入されるより半額~3分の2位の費用ですみます。



スポンサードリンク


theme : 暮らしを楽しむ♪♪
genre : 日記

プロフィール

アップル54

Author:アップル54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
プリズン・ブレイク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。