スポンサードリンク


これが寝具の役目です .comサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これが寝具の役目です .comサイトトップ >寝具環境について >>高密度繊維のカバー

高密度繊維のカバー

高密度に織った繊維があります。
その繊維で作られた布団カバーがあることを知っておられますか?

帝人の「ミクロガード」、東洋紡アルファイン、インビスタ社の
マイクロマティーク(R)、ダニゼロック防ダニカバー、など等

高密度繊維のカバーは花粉症、アトピー、アレルギー対策として、
いずれもそれぞれのメーカーが誇る最新技術で開発されたものです。

「ミクロガード」は、帝人の最先端技術で、シルクの1/5という、
細い繊維を高密度に織り上げた織物です。
織物の糸と糸の隙間が極端に小さく、ダニやホコリなどの侵入を
しっかり防ぐことができます。

アルファインは 東洋紡が開発した製品で、
しなやかなタッチの新合繊(シルフローラX)と、ポリエステル綿素材を
結晶させて作られた新繊維です。
全く新しい寝装用ウォッシャブル素材です。

インビスタ社のマイクロマティーク(R)は、シルクよりも細い、
画期的な超極細ポリエステル繊維です。
綿素材より軽量で、速乾性・吸水性に優れているため、洗濯が簡単です。
また、打ち込み本数210本の高密度生地なので、ダニやホコリ等の侵入も防ぎます。

ダニゼロックのカバーは、綿100%の特殊高密度織物を使用しています。

薬品を使わない体にやさしい方法で、快適な眠りを約束します。


スポンサードリンク


日本人の約35%が何らかのアレルギーをもっているといわれています。
しかも住まいが快適になるほど数は増え続ける一方です。

アレルギーの原因となるものはいろいろありますが、
中でも「ダニ」は一番身近な原因で、寝具の中にもたくさん棲みついています。

子供達によく見られる気管支喘息、アトピー性皮膚炎等の
アレルギーはダニやその死骸、フンなどによるものとされています。

アレルギー対策のカバーとして薬品を使用することによって
抗菌カバーとして扱われているものもあります。

しかしこの手のカバーは薬品の効果が洗濯の頻度によって薄れてきます。
薬品そのものにアレルギーの反応がおこることもあります。

人体にやさしいとはいえません。

一方、高密度の繊維を使用する方法は
物理的に考えても、ダニを通過させないという理屈は理解できます。
その布でふとんを覆う事によりアレルギーの原因を空気中に飛び散らせたり、
直接肌に触れさせ無いようにする事が出来る画期手な方法だと思います。

高密度繊維も、綿で織ったものと化繊で織ったものがあります。最近の化繊は、
技術によって吸放湿性にたいへん優れています。
さらりとした感触でシルクのような滑らかな心地よさです。

ただ化繊によるアレルギーの点から考えると綿の素材の方が、
より安心と言えるかも知れませんね



スポンサードリンク


theme : 暮らしを楽しむ♪♪
genre : 日記

プロフィール

アップル54

Author:アップル54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
プリズン・ブレイク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。