FC2ブログ
スポンサードリンク


これが寝具の役目です .comサイトトップ >寝具環境について >>布団の収納について

布団の収納について

体感温度に合わせて布団を取り替えるのは、エアコンに頼らない
エコな暮らしの知恵です。
出し入れラクラクな収納法でエコしましょう。

布団の収納といえば、圧縮袋に入れてカサを減らす方法が一般的ですね
昔からよく使われている綿ワタの布団でも、ペタンコでかちかちに
圧縮できます。嵩張らなくていいですね。
ところが真空にするのが面倒だったり、時間が経過とともに空気が入って
膨らみ始めることもあったり、敬遠している人も多いようです。

また、寝具専門店の方の意見では、通気性の無い、繊維を押し付ける
収納方法には疑問の考えもあります。

そして、客布団を常備する家庭は以前より少なくなってきています。

最近は、自分たちが使用している、季節ごとの掛け布団や毛布などの
片づけ方に頭を悩ませているようです。

一人暮らしだったら、使わない布団を使ってソファやクッションにする、
片づけとくつろぎインテリアに役立つ一石二鳥の方法があります。

しかし夏掛けや冬掛けを家族の人数分だけしまわなければならない
一般の家庭ではどうでしょう。

スポンサードリンク


大きな押入があれば話は別ですが....。
クローゼットや戸棚の一角に、布団を押し込めると下の方や奥の方の
布団を取り出すのが面倒です。
住まいによっては、布団をしまう押入がないという場合もあります。

そんなときにも、布団をくるくる巻けば立てて収納することができます。
巻いたあとの布団は、その状態をキープできるようにヒモで結んでおきます
市販されている布団用のラウンド収納ケースに収めれば、埃の心配もいりません。

近ごろの布団は、羊毛や羽毛、化繊など、軽くて扱いやすい
素材のものが多いです。従来の綿ワタに比べるとたたみやすくなっています。
もちろん、くるくる巻くのも簡単です。
とにかく掛け布団は巻くにかぎります。
こうして布団を巻いて筒状に成形することによって、立て掛けておくことも
できるようになります。

経済的な方法で古くなったTシャツを袋の変わりに着せて成形する
という方法もあります。

たたんで積み重ねるよりもはるかに出し入れがラクですよ。
収納スペースによっては、横に寝かせた収納でもかまいません。
一つ一つの布団が筒になっているので、積み上げたとしても
間から抜き取るので便利です。

スポンサードリンク


theme : 暮らしを楽しむ♪♪
genre : 日記

プロフィール

アップル54

Author:アップル54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
プリズン・ブレイク