FC2ブログ
スポンサードリンク


これが寝具の役目です .comサイトトップ >寝具環境について >>寝室や寝具のカビ対策

寝室や寝具のカビ対策

近年、布団のカビの発生は増加傾向にあります。

布団そのものの材質が綿布団から吸湿性の低い化繊綿や
ポリエステル系のものが多くなったという事も
理由の一つです。

住宅構造において、気密性や断熱性がよくなり、また核家族化によって、
日中、留守がちな家は、部屋を閉め切っている時間が長くなったり、
掃除の回数が減ってきているという状況が理由として考えられます。

カビの生息環境が良くなってきたんですね。

カビの大半が25℃~28℃で急速に発生します。

その温度帯は人が快適に暮らす温度や睡眠中の布団の温度と
ほぼ一致しています。

寝室や布団に生えるカビは、ほかのどの室内のカビよりその対策は
最優先するべきです。

何故なら寝室の天井や壁、布団などのカビで汚染された空気を
朝起きるまで、吸い込んでいることになります。

特に、布団はカビの温床になりやすく、寝ているときは、一番身体に
密着していて、呼吸している鼻にも近いことから、睡眠中に大量のカビを
吸い込む危険性があります。

アレルギー疾患の子供には、とくに細心の注意が必要です。



スポンサードリンク


寝室や寝具のカビ対策はどうしたらよいのでしょう。

カビは紫外線に弱く直射日光が当たる布団の表面では
うまく生育できません。

カビが発生する場所は日陰で湿気がこもる布団の裏側に
多く発生します。

寝室や布団のカビを予防するには、朝起きたら、窓を開けて
換気をします。

晴れた日には、布団の天日干しをします。布団干しは、
片面2時間程度を、両面行います。

ベッドをお使いの方も、面倒ですが、月に一度くらいはマットレスも
天日干しをしたほうがよいです。

寝具以外の寝室の部屋の各部所に、例えば、窓のまわりや天井、壁等に
カビが発生している場合はその寝室全体の、カビ対策を講じるべきです。

じめじめしたかび臭い部屋での寝起きは健康を害します。



スポンサードリンク


theme : 暮らしを楽しむ♪♪
genre : 日記

プロフィール

アップル54

Author:アップル54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
プリズン・ブレイク