スポンサードリンク


これが寝具の役目です .comサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これが寝具の役目です .comサイトトップ >ぐっすり快眠環境 >>寝室の明かり、色合い、防音対策は...?

寝室の明かり、色合い、防音対策は...?

快眠のための寝室の環境はどのように整えたらよいでしょうか。

まず音はどうでしょう。
寝室に適した静けさは、40デシベル程度。
これは眠りを妨げない音の大きさです

40デシベルとは市内の深夜・図書館・静かな住宅の昼の音の状態。
30デシベルは郊外の深夜の状態、
因みに人の話し声は50~60デシベル程度です。

寝室へ外部の音が入って来るのは、ほとんど窓からです。
近くに交通量の多い道路があったり、騒音が大きい場合には、
防音性能が高い防音サッシュを使用するか、二重窓にするといいです。

又カーテンなども音を吸収してくれる効果があります。
窓より大き目のものがお薦めです。

エアコンの室外機の音もさることながら、その動作音も気になります。
なるべく音の小さな機種のものを選ぶとよいです。

冬場の暖房器具としては、音を出さず空気も汚さない
オイルヒーターなどが適しています。
最近では様々な種類、サイズのものが出回っていますよ。

次に室内の明かりはどうでしょうか。
眠る2時間前は200ルクス以下の明かりで過ごすとよいです。
200ルクスの明るさとは、少し暗めのリビングですね。

メラトニンを分泌させるために、夜間のリビングや寝室の照明は
就寝2時間前から、間接照明にします。
その時のランプの色は暖色系のものを使用します。
オレンジ色の白熱灯の明かりは、寝つきを良くしてくれます。
ホテルの客室ルームなども間接照明で白熱灯を使用してますね。




スポンサードリンク


そして、就寝時は消灯するほうが望ましいです。
暗闇が苦手という人はフットライトを使用するのも良いですね。
アロマライトをフットランプとして使うと、
アロマの香りも楽しめます。

次に寝室の色調やインテリアを見てみます。
床、壁、天井などの室内色のベースになるものは
ベージュ系、ブラウン系の落ち着いた色合いを
選ばれると良いです。

家具やベッド、シーツなども白やベージュ、
癒し効果のある落ち着いたブルーやグリーンのものが基本です。

落ち着いた色調の内装は、暖色系の照明とよく合い、
ゆったりと気持ちを落ち着かせてくれる空間となります。

カーテンやブラインドは『寝つけない人』や『眠りの質が悪い人』
でしたら、外の光が入らないようにし、遮音や断熱のために
厚手のカーテンを使用したりすることが必要です。

目覚めが悪い人ならば、朝の光が入るように、
カーテンの一部を開けたり、ブラインドの羽根を開いたりして、
朝の光を取り込む工夫をすると良いです。

睡眠前のリラックスした時間はとても大切です。
眠る前の穏やかな時間を過ごせるような工夫が必要です。




スポンサードリンク


theme : ゆるゆる人生
genre : 日記

プロフィール

アップル54

Author:アップル54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
プリズン・ブレイク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。