FC2ブログ
スポンサードリンク


これが寝具の役目です .comサイトトップ >寝具環境について >>アレルギーと寝具の話

アレルギーと寝具の話

アレルギー疾患の方の80%以上が、ホコリやダニに過敏に反応するという
調査結果があります。

アレルギーにもいろんなアレルゲンによって発症しますが、『ホコリに弱い!』
というアレルギーの方は、寝具やその環境に気を配る必要があります。

ダニを除去した部屋で生活すると、アトピー性皮膚炎が1~3週間で改善された
という研究結果も発表されていますし、重症患者の入院治療方としても
取り入れられています。

寝具は、高温多湿の環境を好むダニの格好の住家となります。

ですから寝具の天日干し、 寝具の掃除機掛けは欠かせない作業として念を入れて
取り組みましょう。

シーツやカーテンなどの洗濯もこまめにして下さい。少なくても1週間に
1回の頻度でシーツ、カバーなどの洗濯、取替えは行ってください。

床から天井まで性能の良い掃除機で「徹底掃除」をして、拭き掃除もします。
空気清浄機を併用するのもよいですね

ホコリがたまらないように家具などをできるだけ
置かないようにして部屋をシンプルにします。

その上で、ではどのような寝具が望ましいのでしょうか...。


スポンサードリンク


寝具の素材は綿が望ましいです。
羊毛や羽毛など、動物性の素材は避けた方が無難です。
化繊、合繊は、繊維そのものがアレルギーを起こす可能性もあります。

化繊、合繊等、繊維によるアレルギーが無ければ、ほこりが出ない、
丸洗いができる中空繊維(コンフォレル)綿の布団も良いかもしれません。

また今お使いのお布団でも十分対応する方法もありますよ。
ミクロガードなどの高密度繊維で出来ているお布団カバーを使用することで
ダニ、ホコリの出入りはできなくなります。

でも薬品を使った抗菌加工(防ダニ処理)のカバーは、人体への影響や化学物質の
害を考えると、使用しない方が賢明です。

またもう一つには、枕の中身の材質は何が良いということになりますと
枕は口とか鼻に一番近く呼吸をしているという事から、ホコリが出やすいものは
避けたほうがよさそうです。

枕の中身は洗えるものでホコリが出ないもの、例えばパイプなどがベストです。
そば殻、羽毛、羊毛、スポンジ等はオススメしません。

以前に落語かなにかで『人間ゴミや埃何ぞで、死にゃあしねえ』なんて文句を
聞いた事がありますが。アレルギーでも喘息などの場合には
そんな悠長な事も言っていられないですね。





スポンサードリンク


theme : ゆるゆる人生
genre : 日記

プロフィール

アップル54

Author:アップル54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
プリズン・ブレイク