FC2ブログ
スポンサードリンク


これが寝具の役目です .comサイトトップ >寝具環境について >>子供の寝具選び

子供の寝具選び

『寝る子は育つ』昔からよく言われています。
質のよい睡眠の効果は
こどもの体や脳の成長に大きく影響します。
睡眠の質がこどもの心身の健康に深く関係しています。

子供が安眠できる環境はとても大切です。
入眠後1時間~2時間の最も深いねむりの時に血液中の
成長ホルモンの分泌量は最高になります。
この成長ホルモンは骨や筋肉の発達を活発にします。

子供のこの大切な眠りをサポートするために心地よく安眠できる
寝具を用意してあげてください。



スポンサードリンク


敷き布団は保温力と吸湿性があり体を支える適度な固さが有る物
冬は冷気が背中から伝わってこない温かいものを
夏は湿気を吸収して蒸れない敷き布団が良いです。

また子供は暑がりでたくさんの汗をかきます。
汗取りパット、バスタオル等吸湿性の良いものでカバーしましょう。

子供の掛け布団に化繊綿を使用した布団は不向きです。
望ましいのは、真綿布団とか羊毛100%のふとんです。
価格的なこともありますから綿のお布団が妥当な所でしょうか。

羽毛掛布団などは大人には軽くて暖かくてたいへん気持ちがいいのですが
子供の体温は高いので熱気を吸収しないお布団だと
お布団からはい出してしまいます。
大人に丁度良い温かさの布団は子供には暑いということです。

そして、子供には薄めの掛け布団がお勧めです。

枕は基本的に子供には必要ではありません。
子供の頃は体の割には頭が大きいですね。頭でっかちなんです。
ですから枕無しで寝ても顔の角度がちょうど良い5度の角度になるんです。

子供がまくらを使うと頭が持ち上がって
首に負担が掛けることになります。

体型が変化する5歳頃から使われる時も低めの枕を使って下さい




スポンサードリンク


theme : 暮らしを楽しむ♪♪
genre : 日記

プロフィール

アップル54

Author:アップル54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
プリズン・ブレイク